次世代の学校教育とは

次世代の学校教育とはどのようなものか?と聞かれて、直ぐに具体的なイメージが浮かぶわけではありません。

理由は、これまでの学校教育に対して、これといった不満がなかったからです。

しかし、足りなかった部分は?と聞かれると、もっと「お金」に関して学んでおきたかったという後悔はあります。

したがって、次世代の学校教育には、「お金」に関して幅広く学べるカリキュラムを加えてほしいという願望があります。

我々日本人の中には、「お金儲けは悪いこと」「お金持ちはケチだ」などといった「お金」に関するマイナスイメージがまん延しています。

表向きはそうですが、内心誰もがお金好きです。

どうにかして「お金」を稼ぎたいと思っています。

このマイナスイメージこそが日本人は商売下手と言われる所以なのではないでしょうか。

そもそもこのマイナスイメージはどこから来るものなのか。

それはやはり「お金」の話はタブーと言わんばかりの幼い頃からの教育です。

そのため、社会人になってからも「投資=博打」「不労所得者=怠け者」といった更なるマイナスイメージの常識化にも繋がっているのです。

では具体的にどの様な学校教育にすればいいのか。

具体的なカリキュラムが思い描けているわけではありませんが、簡単なものでいいのです。

例えば、エンプロイー・セルフエンプロイー・エンプロイヤー・インベスターなど収入源の種類。

株や不動産など投資の種類。株式配当・家賃収入・アフィリエイト・年金など不労所得。要するに、これら「お金」に関する幅広い教育を行うことにより、「お金儲け」のマイナスイメージを持たない大人に育てることが大切なのです。

次世代の日本は、これまでとは違って更なる少子高齢化・技術の流出・アジア諸国の台頭・未曾有の大災害など様々な困難を乗り越えながら前に進んで行かなくてはなりません。

日本古来からの侍魂を掲げ、親切丁寧、潔くだけでは勝てません。

国民全体で「儲け」に懸からなければ勝てないのです。

そのため、これからの学校教育では「お金」に関して学べる機会を増やし、国民のマインドを変えていくことが大切です。