お金が貯まらないということが口グセになっているほど、なかなかお金を貯めることができない人も中にはいることでしょう。そのような人に共通することとしてお金のため方の基礎をしっかりと理解していないということがあげられます。お金のため方の基礎中の基礎としてあげることができることに、収入と支出のバランスをしっかりと見るということがあげられます。世の中には毎月の収入がそれほど高くなくても毎月コツコツ貯金をためることができる人もいれば、毎月高収入があるという人でも消費者ローンを利している人もいます。そうした差が起こるのは、自分が毎月手にすることができる収入の範囲内でやりくりをすることを意識しているかどうかによります。お金を貯めることができる人に共通する大きな特徴としては不必要な出費はしないということがあげられます。同じ商品を購入するという場合でも一つの店の値段だけを見るのではなく、できるだけ多くの店の値段を見て回ることでできるだけ安い値段で購入することができます。そうした小さなことの繰り返しが出費を抑えるということに大きく貢献していきます。毎月手に入れることができる金額と、出費する金額のバランスを意識するときに役に立つ方法として家計簿などをつけて出費を視覚的に管理するという方法があります。自分がどのようなことにどれだけ出費をしているのかということは、そうした家計簿などをつけることによって簡単に把握することができるようになります。一ヶ月単位でそうした出費の傾向を把握することによりその月の月収などと対応させることができます。マンションやアパートなどの家賃は定額ですので減らすことは困難ですが、光熱費などは使用した分だけ出費も多くなりもすれば、その逆に少なくもなります。ですから家計簿などを利用して、どの月にそうしたものの出費が多くなるのかということを見極めることによって、しっかりと対処をすることができます。