親世代と現代の教育の違い

現代の学校教育と、その親世代の学校教育では、異なることが多くなってきています。

違いは沢山ありますが、特に親世代が子ども達の教育でどうフォローして良いか困るのは、自分達が経験してこなかった新しい科目の追加ではないでしょうか。

例えば、国際科が進んだ今、学校でも英語教育が早期のものになってきています。

親の世代はアルファベットから習い、文法を勉強していたのに対し、現代では早い段階から会話を重視した授業が行われています。

発音を勉強するためのフォニックスなどは、知らない親も多く、学校任せになることも多いでしょう。

同じように、スマホなどコンピュータが身近な現代は、学校でもプログラミングの授業が導入されるなど、新しい取り組みが増えています。

親の世代では考えられなかった、難しいようなプログラミングを、子どものころから勉強することによって、若いうちからロボットやゲームの作成を自分自身で出来る能力を学ぶことが出来ます。

学校教育は、時代に合わせて変化していきます。親世代と現代の教育は、ますます違うところが多くなっていくのではないでしょうか。